関一ブログ

夏の甲子園、応援ありがとうございました。

硬式野球部、第98回全国高校野球選手権大会出場に際し、多くの方にご支援とご声援をいただき心より御礼申し上げます。

センバツでは初戦敗退と悔し涙を流したため、「甲子園の借りは甲子園で返す」を合言葉に、東東京大会を逆転に次ぐ逆転で勝ち抜き、春夏連続出場を手繰り寄せた部員たち。しっかりと練習を重ね、力をつけて臨んだ今大会でした。

初戦は大会第4日の8月10日、1回戦の相手は広島県代表、広島新庄高校。
大会屈指の好投手、堀君を擁する広島新庄高校は、素晴らしいチームでした。
試合は延長戦へもつれ込み、先発の佐藤君が10回1死まで被安打5と粘って竹井君が継投。

しかし延長12回、広島新庄に1死満塁から勝ち越され、2―1で試合終了。
初戦突破は叶いませんでした。

それでも、最後まで粘りの野球を見せてくれた関東一高の選手たちは、本当によく頑張ってくれたと思います。

新チームが始動しています。

「甲子園の借りは甲子園で返す」。この言葉は、次回までとっておきましょう。

猛暑の中、甲子園球場まで駆けつけてくださった皆様、そして物心ともに選手を支えてくださった多くの皆様に心より御礼申し上げます。本当にありがとうございました。

13995597_1054974874617254_7334335982822738197_o

マネージャー手作りのお守り。選手全員に手紙が縫いこまれています。

1470783904082

硬式野球部

目標は甲子園出場・全国制覇だが、結果よりも大切なものはその過程。3年間何事にも手を抜かず努力し、「勝つこと以上に大事なこと」を、野球を通じて学んでほしい。

部員数活動日おもな活動場所大会実績
79毎日白井グラウンド平成27年 甲子園出場(夏) ベスト4
平成28年 甲子園出場(春・夏)
甲子園に春夏合わせて13回出場しています

全国大会実績<春夏甲子園>
大会1回戦2回戦3回戦準々決勝準決勝決勝
1985花園國學院栃木日立一東海大甲府
1986天理
1987明徳義塾市岡八戸工大一池田PL
1990平安
1994長崎北陽台
2008明徳義塾
2008常総鳴門工業浦添商業
2010佐野日大遊学館早稲田実業成田
2012別府青山智弁学園横浜光星学院
2014美里工業明徳義塾
2015高岡商業中京大中京興南東海大相模
2016東邦
Return to Top ▲Return to Top ▲