学校の理念・校長ご挨拶

関東第一高等学校は、1925年、二人の創立者によって設立されました。時代は移っても、創立者の想いは、教育理念として、現代に脈々と受け継がれています。

教育理念

建学の精神 知育・徳育・体育
教育理念 英知・聡明・平和を尊び社会に敏感に反応し、国際社会で活躍し生涯学び続ける生徒の育成
教育四綱領 一、人格の陶冶
一、画一的教育ノ打破
一、実際的教育
一、体育奨励
校訓 貫行(自らの信念に基づいて、目標に向かってやり通すこと)

校長ご挨拶

 

“心の偏差値”を上げよう

校長 渋谷 実

 私は関東第一高校の校長として、高校3年間の学校生活を経てみなさんに「心の偏差値」を上げてもらいたいと強く感じています。
 「心の偏差値」とは、それは夢や目標に向かって主体的にチャレンジする心と行動力を持っているかということです。また思いやりを持ち、人から愛される能力を持っているかということも大事な指標です。『考え方を変えると行動が変わる。行動が変わると習慣が変わる。習慣が変わると生活が変わる。生活が変わると生き方が変わる。生き方が変わると人間性が変わる。人間性が変わるとチャンスが増える。チャンスを掴むと運命が変わる。運命が変わると人生が変わる。』この連鎖は必然であり、良い計画的な準備と努力の継続があれば、人生は個人の意思で必然的に変えられるものです。まずは「今、自分が打ち込むべきもの」はどんなものかを知り、それに対して感謝の気持ちを持つことから始めてみてください。それは勉強であったり、部活であったり、生徒会活動であったり、個人によって千差万別であろうと思います。判断がつかなければ目の前にあることを、一生懸命にやってみましょう。一生懸命やって、初めて見えてくることがあります。それはもしかしたら、貴方の夢に繋がるかもしれません。関東第一高校には、色々な得意分野と個性を持った、教員がいます。教員は皆、それぞれ自分の夢を大事に持っています。教師が夢を持たなければ、生徒の心の偏差値を上げることは到底不可能だと思うからです。生徒の皆さんには、是非高校3年間で「貴方の師」に出会い、運命を変えるきっかけをつかんでほしいです。
 人生や運命は変えられます。ぜひ、そう信じて、今あることに打ち込んでください。

Return to Top ▲Return to Top ▲